りんごといえば忍にあかり、でもアップルパイなら十時愛梨!~広島・堺町 「ボストン 本店」~

どーもー!ブログ専属ナビゲーター、「紙背ひかり」だよ!
この「シンデレラガールズ紀行」は、ゲーム「アイドルマスターシンデレラガールズ」のアイドルたちにちなんだ(主にこじつけ)お店で外食する企画だよ! でも今回もそうじゃないよ!



さて、いよいよシンデレラガールズ総選挙も大詰めだね!そんな中でシンデレラガールズにこじつけてお店行くとしたら誰がいいかなぁ?

そうだね、初代シンデレラガールこと十時愛梨ちゃんだよね!そして、愛梨ちゃんといえばアップルパイだよね!とってもシンプル!

そういうわけで、アップルパイが有名な広島の洋菓子店…「ボストン」にやってきたのです。「ボストン」といえば、元カナリアのボン溝黒(現:ボンざわーるど)さんの実家でヨーグルトケーキが有名な洋菓子店もおんなじ名前だけどそことは別ね

「ボストン」は店舗が広島駅をはじめいろんなところにあるけど、今回向かったのは本店。どうせなら本店のほうがいいかなってね

ボストン

店内は広めだけど、イートインスペースはない持ち帰り専門店。あたしの後にきたお客さんも店員さんに「ここ喫茶スペースはないんですか?」って聞いてたよ

おっと、アップルパイだね。一般的なアップルパイの「ストレートパイ」と、アーモンドクリームの入った「ボストンパイ」があるよ。お店の名前がついてるボストンパイには惹かれるけど、ちょっと普通のアップルパイとは違うしなぁ。「アップルパイ・プリンセス」の歌詞にもアーモンドクリームは出てこないし…
ちなみに「ボストンパイ」っていう有名なパイが沖縄にもあるらしいけど、たぶんそれとも関係ないよ

そういう葛藤がありつつも、「ボストンパイ」に決定。あと「パイシュー」も追加して、お店を出ましょう

ボストン2

これが「パイシュー」。カスタードクリームがいっぱい入ってて、それでいて甘すぎなくて美味しい!

ボストン3

そしてこれが「ボストンパイ」。サックリしたパイ生地と甘く煮たリンゴというアップルパイの王道に、さらに独特の風味と食感を持ったアーモンドクリームが入り込んでくる。でも違和感あるかといえばそんなことなくて、むしろ当たり前のように馴染んでるんだよね

ちなみにここのアップルパイは青森のリンゴを使ってるんだって!それなら工藤忍ちゃんにこじつけたほうが…いやいや彼女はまた別のお店ってことで


はい、紙背ひかりでした!みんな見てくれてありがとう!チャンネル登録…じゃなくてお気に入り登録よろしくね!
関連記事

0 Comments

Post a comment